大西会計事務所

〒640-8392 和歌山市中之島303-14 OK.OFFICE

お気軽にお電話ください

TEL.073-474-2212

今週の考える言葉「選択」

考える言葉

選択

   コロナで延び延びになっていた『IG後継者育成塾(第6期⑩)』を、ズーム開催ではあるが、9月25~26日の二日間で行うことができた。さすが若手経営者、ズーム対応も慣れたものである。
   今回のテーマは、「なぜ経営計画を立てるのか」であったが、コロナ対策が必要なこの時期において、実にタイミングのいい内容だったと思う。
 
   経営計画とは、企業における「未来設計図」といわれている。つまり、「自社の未来をどう形づくるか」という、未来に対する自らの“選択”だといえよう。
 
   最近はだいぶ少なくなったが、「経営計画をつくったら、うちの会社は変わるのか?良くなるのか?」という、その効果・効用を聞かれることが多かった。勿論、小生の答えは「イエス!」である。
 
   なぜなら、経営の目的と目標を明確に描き、自らの意思で会社の未来を“選択”したのだから、前向きなエネルギーが力強い行動を生み、思い通りの成果につながるのは当然の帰結だといえる。
   経営者によって、抱えている問題や課題は様々であるが、経営計画をつくることによって得られる利点・効果に対して、次のような感想を頂くことが多い。
 
 ①自社の進路・方向性が明確になった(信念)
 ②ムダな行動がなくなり、効率的になった(生産性)
 ③自社の強み・弱みが明確になった(ドメインの選択)
 ④自社の外部環境を把握できるようになった(変化への対応力)
 ⑤社員のモチベーションが上がった(一体感)
 ⑥金融機関をはじめ外部からの評価が向上した(信用力)
 
   抱えていた、様々な悩みや不安が解消されて、前向きな気持ちで経営が出来るようになることに違いはないようだ。
 
   「人生は“選択”の連続である」とよく言われる。“選択”とは、何かを選ぶと同時にそれ以外のものを捨てるという行為でもある。ゆえに、常にリスクが伴う。しかし、勇気を奮って“選択”することによって、頭の中のモヤモヤが解消され、スッキリする。
 
   日本経済は、バブル崩壊後、「失われた10年」「失われた20年」などと言われながらも、明確な未来を描けないで、もう30年近くが過ぎようとしている。今回のコロナ・パンデミックは、そんな我々の背中を押してくれているのかも知れない。
 
   100年に一度あるかないかの出来事・・・。千載一遇のチャンスと捉え、自らの意思で会社の未来を“選択”しようと思う。(ぜひ、「将軍の日」へ!)