大西会計事務所

〒640-8392 和歌山市中之島303-14 OK.OFFICE

お気軽にお電話ください

TEL.073-474-2212

今週の考える言葉「努力」

考える言葉

努力

   「石の上にも三年」 小さい頃からよく耳にした格言である。
 
   忍耐強くやり続けること、”努力”の重要性を説いている言葉だ。最近、歳のせいだろうか・・・、その三年を一年で習得できる”努力”の仕方ってないだろうかと、真剣に考えることが多い。
 
   また、徳川家康の遺訓として知られている、次のような名言がある。「人の一生は重荷を負て遠き道をゆくが如し。いそぐべからず。・・・・」
 
   人間にとって、忍耐と”努力”は不可欠なもの・・・。家康がいうように、生まれて死ぬまで、人生は様々な”努力”の連続にほかならず、どんな状況においても”努力”から逃げたらおしまいだと思う。
 
   小さい頃から、”努力”は嫌いな方ではなかったような気がするが、真の意味で”努力”の価値を認識できたのは何時の頃からだろうか・・・?やはり、自分で事業を起こし、経営をし、トップリーダーとしての自覚が生まれて、すべての責任を自ら負う覚悟ができたときからだろうか。
 
   困難な状況や焦りが生じるような場面に遭遇したとき、「我慢強く、””努力”さえ怠らなければ何とかなる!」と自分に言い聞かせ、やり続けていると、解決の糸口が見えてきて、視界が広がる瞬間がある・・・。
 
   そんな経験を積むうちに、「”努力”は必ず報われる!」といった信念のようなものが培われてきたような気がする。そう、”努力”は必ず報われるものなのである。報われないすれば、それは真の”努力”ではない。
 
   これも経験からであるが、”努力”に見合う成果を得られないとすれば、次の点をチェックしてみよう。
 
   ① ”努力”の「方向性」を間違っていないか?
   ② ”努力”する「場所」を間違っていないか?
   ③ ”努力”の「量」が不足していないか?
 
   やはり、きちんと頭を使って”努力”はやるべきであろう。
 
   未来会計セミナーの講演をし、質疑応答の時間を設けると、必ず聞かれることに「成功の秘訣は何か?」というのがある。
 
   「正しい目標設定をしたら、あとは成果が出るまでやり続けること、”努力”し続けることである」と、いつも応える。
 
   “努力”は、成長のエネルギー源である。”努力”が必要とされるときは、自己実現の機会である。つまり、自らの使命に出逢い、それを全うする機会であると考える。