大西会計事務所

〒640-8392 和歌山市中之島303-14 OK.OFFICE

お気軽にお電話ください

TEL.073-474-2212

今週の考える言葉「即今」

考える言葉

即今

   禅に、“即今”という言葉がある。辞書を引くと「ただいま。目下」とあるが、その「今」をどう生きるかを考えてみたい。
 
   無常の人生、命のはかなさを考えると、「今」という瞬間を大切にしなければと思う。つまり、“即今”とは、「今という瞬間を大切にし、充実しなければならない」と心に期して生きることを教えてくれる。
 
   ある本で、「即今(そっこん)、当処(とうしょ)、自己(じこ)」という禅の言葉を紹介してあったのを思い出す。
 
   道元禅師の悟りに、「他は是れ吾にあらず」、「更に何れの時を待たん」という有名な言葉がある。つまり、「他の人にしてもらったのでは、じぶんのしたことにならない」、「いまやらずに、いつやるのだ」という意味である。
 
   「いま、ここで、じぶん」として生きるという覚悟みたいなものだ。小生は、この言葉が好きだ。だからこそ、そう生きようと心がけているが、なかなか難しい。もうだいぶ前になるが、歳のせいか、夜中に目が覚めて往生した時期がある。いったん目が覚めると、再び寝ようと思っても、目が冴えてきて明け方まで眠れない。睡眠不足では、仕事に差し支えると思い、必死に寝ようと努力すればするほど、目が冴えてきてどうしようもない・・・。
 
   ある時、「どうせ眠れないのならば、読書しよう!」と思い、机に向かったら効果てきめん、どんどんページが進み、またいろいろなアイデアが出てくる。まさに、“即今”の時を得たような気分だ。
 
   目が覚めた時こそが、“即今”! 読書にとって最良の時間なのだ。いまや、寝る前に一冊の本を机の上に準備して眠ることが習慣となった。いつの間にか、小生の平均睡眠時間は4 時間となった。概ね、2 時過ぎか3 時時ごろまでに目が覚める。かなりのショートスリーパーである。気になって、あるドクターに相談をしたことがあるが、「睡眠には、個人差があるので、それで体調が良ければ、合っているのではないか」と・・・。
 
   ただ、“即今”と言えでも、体調の良し悪しがある。同じことをしていても、スムーズにいくときと、かなりの努力を強いられる時とがある。そんなときは、どうするのか?最近は、努力しても成果が薄いときは、気分転換をするようにしている。
 
   「“即今”、当処、自己」は、統合的な概念なので、分けて考えられないと思うが、やってみて最も難しいのは、“即今”ではないだろうか。目的意識を明確にして、“即今”を習い性として究めたいと願う。