大西会計事務所

〒640-8392 和歌山市中之島303-14 OK.OFFICE

お気軽にお電話ください

TEL.073-474-2212

今週の考える言葉「実行」

考える言葉

実行

   IG会計グループ主催の「後継者塾(第 4期生)」は、第 9講目(1月 15~16日)を終えたところである。
 
   今回のテーマは、経営戦略。講師は、「戦略参謀」システムの開発者であり、「軍師の会」を主宰している若山恵佐雄税理士である。積雪の青森から馳せ参じ、熱弁を奮ってくれた。(友情に感謝・・・)
 
   戦略的な思考は、経営の本質を“実行”に移すために必要不可欠なものと心得る。
 
   では、経営の本質とは何か?「経営とは、真理と一体となった営みをいう」(経営人間学講座)。つまり、つねに経営の目的(「なんのために」)を自らに問い、その達成のために「正しい見方、考え方」を心がけ、“実行”に移すことである。
 
   「戦略が意図を“実行”に変え、たんなる多忙さを仕事に変える」という言葉があるが、まさにマネジメントにおける“実行”の前提となるのが経営戦略だといえよう。
 
   「組織は戦略に従う」という名言があるが、戦略は組織の“実行力”によって保障されるのではなかろうか・・・。
 
   『経営は“実行”』(L・ボシディ&R・チャラン著)の中で、“実行”の責任を担うリーダーがとるべき 7つの行動を掲げているので紹介をしたい。
 
①自社の人材や事業を知る
   実行力のない企業の経営者は、実務に疎いものだ。(現場主義の徹底)
 
②つねに現実を直視するように求める
   現実直視を社内のあらゆる対話の目標とし、その風土をつくる。
 
③明確な目標を設定し、優先順位をはっきりさせる
   目標は全体として簡潔に、そして直接語る。
 
④最後までフォローする
   実行力欠如の最大の原因は、最後までフォローされないところにある。
 
⑤成果を上げた者に報いる
   業績と報酬がきちんと連動していない企業が少なくない。
 
⑥社員の能力を伸ばす
   自らの持つ英知を次世代のリーダーに伝える。
 
⑦己を知る
   多様性の組織を率いる精神的な強さ(本物、自覚、克己心、謙虚さ・・・)が必要。
 
   “実行”を企業文化にするには、計画性のある経営(=経営の意思×仕組み)の基盤づくり、すなわち未来会計の実践が必要となる。(ぜひ、「将軍の日」へ!)