大西会計事務所

〒640-8392 和歌山市中之島303-14 OK.OFFICE

お気軽にお電話ください

TEL.073-474-2212

5月の税務カレンダー

税務カレンダー



尚、改元・連休については、コチラの記事をご確認ください。
たいへんご迷惑おかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

2019年改元・連休にかかるお知らせ

その他お知らせ

平素より格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございます。
 
2019年の10連休についてですが、当事務所は4月27日(土)~4月30日(火)5月3日(金)~5月6日(月)までお休みとさせて頂きます。
尚、5月1日(水)、2日(木)は通常通り営業を行っております。
 

 
お客さまに極力ご不便をおかけすることのないよう準備を進めておりますが、一部やむをえずお客さまにお手数をおかけする場合がございます。何卒ご理解・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

今週の考える言葉「ハッスル・マップ」

考える言葉

ハッスル・マップ

   ドラッカーの言葉を引用するまでもなく、「企業の唯一共通の目的は、顧客の創造」にある。いまや、この意見に異論を唱える人は少ない・・・。
 
   「新規事業の立ち上げ」というテーマで、セミナーや研修会を行う機会があるのだが、その成果を問うと、意外と、挙手が少ないのはなぜだろうか?要するに、「学後の実践」、則ち「顧客の創造」に結びついていないのである。
 
   書棚をみていると、5~6年前に購入した『ザ・ディマンド』(エイドリアン・J・スライウォツキー著)という本を思い出し、再読をした。
 
   その中に、“ハッスル・マップ”という言葉が出てくる。
 
   「ハッスル(Hassle)」とは、「面倒、煩わしさ、不快」という意味であるが、この本では「顧客体験のなかに隠れている失望感、不便さ、潜在的な厄介事の数々」のことで、“ハッスル・マップ”とは、「顧客のハッスルがどこに潜んでいるのか、地図のように書き出したもの」という意味である。
 
   そして、ジョブズなど「ディマインドの新しい大潮流を創り出した人たち」は、顧客を理解する明晰な洞察力と、ハッスル改善につながる粘り強い創造性を兼ね備えたハッスルのエキスパートであったと指摘している。
 
   “ハッスル・マップ”とは、「トレードオフの関係にある顧客ニーズを並べたリスト」でもあり、「それらを統合的に解決するための手法」であるといえよう。
 
   本書では、アメリカの医療機関で統合型医療システムを展開している「ケアモア・メディカル・グループ」の事例を取り上げて、“ハッスル・マップ”の効用について述べてある。
 
   ① まず、高齢患者のニーズのリストアップをする(顧客の声に耳を傾ける勇気)。
 
   ② 医療のハッスルを患者の視点で捉え、それを排除するために全体的なシステムをつくり変える。
 
   ③ 病気(問題)に対する早期発見と予防医療を徹底することで、コストと苦しみの双方を削減できる(すべてのはじまりは、見えるか見えないかの小さな傷一つ)。
 
   ④ 患者に最適医療を保証するために、調整と統合のスペシャリストを育成する。
 
   ⑤ 患者との健全な信頼関係を築くためのコミュニケーション力を養う。
 
   ケアモア(創業者・ジンバーグ博士)は、『最良』の医療プログラムを提供するという使命観のもと、“ハッスル・マップ”という手法を用いて、初の統合型医療システムの創造に成功した。
 
   “ハッスル・マップ”の考え方は、医療に限らず、すべての業種に有効である。
 

今週の考える言葉「コメント力」

考える言葉

コメント力

   今の世の中、コメンテーターという仕事が溢れている。コメンテーターとは、解説者あるいは評論する人のこと。特に、テレビやラジオ放送のニュース番組の解説者をいうのであるが、タレント化しているような気がする。
 
   情報化社会の中で生きている現代人にとって、情報をどのように捉え、解釈するかは、生活の豊かさを守るためには、欠くことのできない要素なのであろう。
 
   しかし、彼らコメンテーターの“コメント”を聞いていると、「なるほど!」と感心することも多いが、耳障りな“コメント”もけっこう多いような気がする。その差は、どこから生じるのであろうか?
   日常の仕事においても、“コメント力”が問われる時代である。少し、“コメント力”について考えてみたい。
 
   まず、“コメント力”において大切なことは、「簡潔で、切れ味のいい発言」ができるかどうかであろう。言葉を変えていうと、「なるほど!」と思わせるような、物事の本質をついた内容を一言で表現する力であろう。(ここまで書いて、ふと、「普段の自分の発言はどうだろうか?」と、疑問がよぎる・・・)
 
   下手なコメンテーターの話を聞いて、批判めいたことを感じても、自分の話しぶりに“コメント力”を意識してはいないのではなかろうか。ただ、講演のレジュメを作成するときには、画面に映し出される一枚一枚の内容は、一目で読み取れるように簡潔にポイントをまとめるように心掛けているつもりだ。
 
   では、“コメント力”を磨き上げるのに必要な心掛けとは何だろう・・・?
   ① 世の出来事に対する観察眼を磨く。(観察力)
   ② 自分のポジショニングを心得ている。(基軸)
   ③ 物事の本質、的を外さない。(本質)
   ④ 納得させるような表現力がある。(表現力)
   ⑤ 人の興味を引くような面白味がある。(関心)
 
   ざっと、このようなことが頭に浮かんだが、コメンテーターのモノの考え方、すなわち価値観(思考の枠組み)が“コメント”に対して大きな影響を持っているような気がする。
 
   となると、自分の価値観を磨くことを日常的に意識しておく必要がある。人間の価値観には、① 個性的な側面と、② 位相的な側面があるといわれている。日頃から、その両面から自らの価値観を顧みる訓練が必要である。
 
   世の中には(歴史上の人物も含めて)、優れた価値観を持った人たちがたくさんいる。素晴らしい出逢いを活かして、学ぶ姿勢が大切だと思う。
 

和歌山商工会議所様主催「合同入社式」に参加しました!

その他お知らせ

和歌山商工会議所様主催の「合同入社式」に当事務所の新入所員が参加しました!
以下、わかやま新報様 2019年4月5日(土)の記事を抜粋しております。
 

地元で輝き続けて 商工会議所で初の合同入社式

 

 
   地元就職者の門出を祝福しようと、和歌山商工会議所主催の「新入社員合同入社式」が2日、和歌山市勤労者総合センター(西汀丁)で行われた。会員企業を対象に初めて企画され、スーツに身を包んだ和歌山県内の中小企業22社50人の新入社員らは、緊張した面持ちで出席。来賓らの訓示を胸に、故郷の発展に貢献することを誓った。
 
   式の冒頭で片山博臣会頭は、国内の景気は回復傾向にあるものの、地域の中小企業は人手や熟練者の不足を課題に厳しい経営状況にあるとし「所属企業だけでなく地域からの期待も受け止め、しっかりと和歌山に根付いてほしい」とあいさつ。尾花正啓市長も祝いに駆け付け「変革の時代の中でも失敗を恐れず挑戦し、仕事で成長して」と呼び掛けた。
 
   新入社員を代表して、㈲みの印章堂の前智也さんが「何事にも前向きに取り組みます」と誓った。
 
   続いて今回の企画を提案した、菱岡工業㈱の岡田亜紀代表取締役が「社会人として望むこと」と題して講演。企画の意図を、励まし合える同期入社の仲間づくりとし「結婚や出産のライフプランも考慮しながら仕事に熱心に取り組み、輝き続けて」とエールを送った。
 
   ㈱紀の州コンサルティングの濱田智司さんによるビジネスマナー講座もあり、同商議所で飲食を交えながら交流を図った。
 

転載元:わかやま新報様より

今週の考える言葉「See(検証)」

考える言葉

See(検証)

   過日の”考える言葉”シリーズで、すでに「Plan(仮説)」と「Do(実践)」について、それぞれの課題等を考えてみたが、今回は“See(検証)”について考えてみたい。
 
   当然のことであるが、「P~D~S」の経営サイクルは、循環し続けてこそ意味があるのだが、頓挫してしまう企業が意外と多いような気がする・・・。何故だろうか?その原因に“See(検証)”の拙さが挙げられる。つまり、“See(検証)”の稚拙さが故に、「P~D」で終わってしまう企業が多く、現状を振り返り、次につなげるという段階まで踏み出せないのである。
 
   “See(検証)”の目的は、改善策を明確にすること。つまり、「P~D」の結果を受けて、改善すべき点を明確に把握し、次の「P~D」へフィードバック機能を働かせることにある。故に、この段階で機能不全に陥ってしまうと、「所詮、Planとは絵に描いた餅、食えない!」ということになり、断念してしまう・・・。
 
   では、改善策を明確にできる“See(検証)”とは、どうすればいいのだろうか?
 
   ① まず、現状を正しく把握すること。「P~D」の結果に対して、正しく事実を認識し、それをどう理解するかである。結果には必ず原因がある。真の原因にたどり着くまで、「なぜ?」を徹底して問い続けることが肝要である。
 
   ② 次に、改善点に対するスピーディーな対応を行うこと。
“See(検証)”の目的は、改善にある。①の結果に対するフィードバック機能が正しく、スピーディーに働くように心掛けておこう。
 
   ③ 目標に見合ったKPIの設定をすること。
目標に対する的確な振り返りの手段として、KPI(重要業績評価指標)の設定が注目されている。確かに、KPIを設定することによって、プロセス管理が容易になり、スピーディーな検証が可能となり、効果的である。
 
   その他に、IG会計グループでは、“See(検証)”ための時間の確保を徹底している。
 
   個人レベルでは、日報による一日の反省を必ず行う。週末には、分社・部署としての反省を行う。そして、月末・月初の二日間で、組織全体の“See(検証)”を行い、情報の共有化を図っている。
 
   平成元年に導入した目標管理システムの一環として、「Plan(仮説)~DO(実践)~See(検証)」の経営サイクルを回し続けているのであるが、未完のままである。
 
   だが、当たり前のレベルは相当高くなっていると確信している。
 

今週の考える言葉「パリ国際会議」

考える言葉

パリ国際会議

   この時期開催が恒例となっている“M&A国際会議”(日本M&A協会主催)であるが、その舞台は芸術の都“パリ”であった(3 月17~24 日)。昨年同様、日本各地から500 名を超える参加者が集まる。日本M&Aセンターの勢いの凄さを物語っているといえよう。
 
   一日みっちり国際会議を行った翌日からは、自由行動である。朝早くからベルサイユ宮殿を見学し、そのあとパリ市内をゆっくりと散策しようと思っていたが、ストの影響でベルサイユ宮殿(ルイ14 世がつくった贅沢の極み)が夕方までかかってしまい、車窓からパリの町並み(凱旋門、シャンゼリゼ通り、エッフェル塔など)を見るという結果になり、残念!(もう一度、パリを訪れるチャンスを頂いたのだと思う)翌日からのオプションは、南仏(コートダジュール・モナコ観光を含む)二泊三日の旅である。
 
   パリ(=シャルル・ド・ゴール空港)からニース(=コート・ダジュール空港)まで一時間半の空の旅。気温はさほど変わらない感じであったが、地中海を望む景色は開放的で、気分は最高!
 
   翌朝早く、ホテルで朝食を済ませて、ニースの海岸沿いに旧市街地へと散策する。途中のカフェテラスでは、飲食を楽しんでいる人たちでいっぱいだが、全員がひまわりのように太陽に向かって坐り、寛いでいる姿がなにか微笑ましい感じだ。
 
   ニースの旧市街地は、露店の市場が開いており、果物やお菓子(マカロンなど)、手作りの衣装や宝石などが並んでおり、けっこう楽しんで、のんびりと時間を過ごすことができる。カフェテラスのあるレストランもあり、不自由しない・・・。
 
   その次の日は、モナコ公国(バチカンの次に狭小な国で、人口は約3 万8 千人)へ行く。ニースから地中海の沿岸を一時間ほど走ると、モナコだ。境界線はあるが、もちろんフリーである。モナコの旧市街地はロシェ(岩山)と呼ばれ、山頂からモナコの町と地中海が一望できて、遠方にイタリア半島を望むことができる。要塞を兼ねた町づくりは、ローマやフランスという大国に囲まれた小国に歴史がうかがえる。今やモナコは、高層のマンションが立ち並び、世界の金持ちが集まる場所として有名である。モナコの歴史を考えると、日帰りコースではなく、モナコに宿泊し、ゆっくりと街を散策したい気分になった。
 
   ニースに戻る途中、エズ村(鷲の巣村)に立ち寄る。これも中世の名残であろう、海から垂直に切り立つ崖の上(海抜420m)に位置する村である。中世の街並みと地中海を一望できる絶景!宿泊できればノンビリとできる絶好の場所に違いない・・・。
 

4月の税務カレンダー

税務カレンダー


 
ゴールデンウイークについて
4月29日(月)、30日(火)、5月3日(金)~6日(月)までお休みとさせて頂きます。
尚、5月1日(水)、2日(木)は通常通りの営業となっております。

今週の考える言葉「Do(実践)」

考える言葉

Do(実践)

   先週の“考える言葉”シリーズで、「Plan(仮説)」についてその問題点を検討した。今回は、次のStepである「“DO(実践)”」においての問題点について考えてみたい。
 
   IGグループでは、30年以上も前から、月末と月初めの二日間をつかって目標管理を徹底して行っている。一日目は、予実管理(予算と実績の差異を徹底して究明すること)を中心に、話し合いを部署単位で行う。
 
   なぜ、予算(目標)と実績に差が生じたのか?その差の原因を明確にすることが求められるのであるが、部署あるいは個人によっては真の原因がつかめず、困った状況に陥ることがある。
 
   綿密な計画を立て、実行の段階へ入ったはずなのに“DO(実践)”そのものがほとんどなされてなかったというケースである。
つまり、予実の差異の原因が“DO(実践)”しなかったという理由である。
 
   なぜ、“DO(実践)”しなかったのかと問うと、概ね次のような理由が挙げられる。
① 日常業務に追われ、時間が取れなかった。
② 月末近くに期限を設けていたが、想定外の仕事が舞い込み、手つかずのままで終わった。
③ 協力者との日程調整がつかず、できなかった。
④ チャレンジしたが、難しく頓挫した。
⑤ 面倒くさくなって、途中であきらめた。
 
   さて、①と②は時間さえあればできたけれど、その時間が取れなかったということだろうか・・・。仮に、時間の問題だとすれば、どうすれば時間を確保できるのか、あるいは優先順位のつけ方を学び、日々のスケジュールをもっと厳密に行う必要があるだろう。
 
   ③は、普段からのコミュニケーションの問題であろう。どんな仕事でも関係性で成り立っている。相互依存の関係にあることを認識し、目的・目標を共有化し、相互理解を深める努力をしておく必要がある。
 
   ④と⑤は、「何のために」という目的意識が稀薄なのではなかろうか。どんな目的を持って、自らの目標を掲げたのかを問い直してみる必要がある。目的の中に、真の価値が存在する。真の価値が分かり、主体性を持ち得ているのであれば、中途半端な状態で投げ出すはずがないと思う。
 
   「Plan(仮説)」を立てた以上は、「DO(実践)!」。“やり続ける”しかないのである。
 

今週の考える言葉「Plan(仮説)」

考える言葉

Plan(仮説)

 
   「Plan(仮説)~Do(実践)~See(検証)」の経営サイクルは、その大切さを誰もが認識しており、否定する人はいない・・・。
 
   しかし、その成果を満喫しているリーダーは意外と少ないのではないか・・・?いざ、「5年後のあるべき姿」を描こうと試みたものの、見通しが立たないで悩んでいる人や高邁な理想(目標)を掲げてみたものの、なかなか達成のイメージが湧かずに、諦めた人もいるという。
 
   本来、“Plan(仮説)”とは、孫子の言葉を引用するまでもなく、「勝つための作戦」をとことん考え抜くことで、組織全体で「勝てるイメージ」をつくり上げ、勝利のシナリオを
みんなで共有するためのものだ・・・。
 
   厳しい環境だからこそ、“Plan(仮説)”作成はやりがいのある仕事であり、意義あるものであると考える。
 
   では、なぜ、俗にいう「絵に描いた餅だ!」と揶揄されるのであろうか・・・?その原因を考えてみたい。
 
   (1) まず、考えられる要因は、計画そのものの不完全性である。
つまり、目標に対して実行可能性の検証が不十分であり、「何を」「誰が」「いつまでに」「どうやって」実行するのかという達成プロセスの課題が十分に検討されていない。
 
   (2) 次には、手段(目標)の目的化の問題である。
自分が「何のために」仕事を頑張るのかという目的とそれを達成するための手段を混同しているケースである。目的は一つで、ずっと追い続けるものであり、モチベーションの元となる。目標は、目的を達成するための手段であり、幾通りもある。いったい何のための目的・目標化なのかを見失ったとき、計画は間違った方向へと進んでしまう。
 
   (3) そして、セクショナリズム的な思考に陥ってしまっている。
組織は協働行為の体系であるにも関わらずセクショナリズム的な思考が蔓延り他部門との話し合いや協力関係を疎かにして、自分本位な計画になってしまっている。
 
   以上の外にも、“Plan(仮説)”が成果に結びつかない要因はあると思う。これは、論外ではあるが、「やらされている」という思い込みだ。つまり、自分の手でつくり込めていない、主体性に欠如・・・。
 
    “Plan(仮説”は、「勝つためのシナリオづくり」であることを肝に銘じておきたい。