大西会計事務所

〒640-8392 和歌山市中之島303-14 OK.OFFICE

お気軽にお電話ください

TEL.073-474-2212

相続・事業承継

相続を考えるとき、「一般的な相続」と
「事業の承継」を伴う場合とがあります。
それぞれにある3つの「課題」とは?

一般的な相続対策

  1. 分割協議に不安(争族)はありませんか?
  2. 換金性の低い財産(自社株・不動産)が多い場合には、
    相続税の納付ができないときも・・・
  3. 節税対策には「時間」がかかります。
    少しでも早く取り掛かることで、大きな節税効果が期待できます。

事業承継対策

  1. 事業価値源泉とは、会社の利益を生むもととなるノウハウなど、
    その会社の「強み」をいいます。
    これを承継しなければ、後継者は会社を維持できません。
  2. 会社の経営は、67%以上の株式を所有しなければ安定しません。
    まずは自社株を評価したうえで、後継者への移転方法を検討します。
  3. 後継者は、経営に必要な知識・経験を、現経営者のもとで積むことが必要です。

一般的な相続

事業承継対策

事業承継対策は、
早目の取り組みが肝心です。

事業承継は、そのうちに出来るものではなく、時間を作って考えてから実行すべきです。目安は、経営者が60歳を迎えたときから5年~10年かけて行うことが理想です。

後継者育成塾

歴代経営者が築き上げた事業価値の源泉を基盤としてさらに成長させるために経営の基礎を研修する塾です。

【研修内容】

  • ・自社の価値(強み)を知る。
  • ・グローバルな視点から自社と自身の未来を明確に描く。
  • ・会社の状況を財務で知り、会社の未来を財務で描く。
  • ・リーダーシップを発揮し、的確な判断を下す。

相続税の申告実績

大西会計事務所の
平成20年から26年までの7年間の申告実績

68

相続税は、例えば不動産の評価方法によって評価額が大きく変わり、
それに伴い納税額も大きく左右されます。
経験・実績が豊富で、相続税に精通した税理士に依頼することが大切です。