大西会計事務所

〒640-8392 和歌山市中之島303-14 OK.OFFICE

お気軽にお電話ください

TEL.073-474-2212

経営者セミナー

経営者セミナー

対象経営者・幹部
開催月11~12月

「次の一手となる経営戦略の指針」(コンサルタント会社発表)を元にテーマを考えています。
また、セミナー後は懇親会を開催しており、毎回多くの方に参加して頂いております。

『戦略立案に必要なキーワードと夢を語る』

経営者セミナー

< 経 営 者 セ ミ ナ ー 開 催 報 告 >

平成28年12月2日(金)アバローム紀の国にて、『経営者セミナー2016』を開催させて頂きました!今回のセミナーは、大西会計グループ 代表 大西 省悟 より、第1部「次年度の戦略立案に必要なキーワードと第2部「社員に会社のを語ろう」のテーマでお話しさせていただきました!
 
dscn1202
 
第1部では、「①技術革新・価値観の変化」「②情報流通量の倍速化」「③社会課題解決の時代」の3つのキーワードについて、具体的な事例紹介を交えながらお話しさせて頂きました。
業績を伸ばし続ける企業になるためには、このキーワードを徹底的に取組むことが重要であるとのことでした。
 
dscn1218
 
第2部では、参加者の皆様に自社の現状を認識して頂くために、「組織の活性化」について考えて頂きました。
「会社の夢」を詰め込んだ「経営理念」や「経営計画」を社員に語ることが、組織の活性化に繋がるとのことでした。
 
またセミナー終了後のアンケートでは、「経営上の課題」についてお伺いしました。
 
%e7%84%a1%e9%a1%8c
 
「幹部・社員の教育」や「後継者問題」など、人材育成に関する課題を考えている方が多いようです。
「成長戦略が描けない」「売上が低迷している」といった経営戦略に関する課題も多くありました。
 
「経営計画」を立案し、社員に「会社の夢」を語ることが、これらの課題解決に繋がるのではないでしょうか?
 
大西会計グループでは、「営業利益改善の日」を開催し、経営者の方と一緒に「経営計画」を立案する取り組みを行っております。経営に関することでお悩みの方は、お気軽にご連絡ください!

『使命と課題解決』

経営者セミナー

< 経 営 者 セ ミ ナ ー 開 催 報 告 >

平成27年12月4日、アバローム紀の国において『「使命(ミッション)」と「課題解決」』をテーマに「経営者セミナー」を開催させて頂きました。
 
DSCN0747
 
前半は、当事務所所長の大西省悟より『ミッションロイヤリティ戦略』についてお話をさせていただきました。
 
『ミッションロイヤリティ戦略』とは、顧客視点から潜在的・顕在的な課題を抽出し、その課題を解決することで顧客価値を創造していく戦略で、2016年度の基本戦略と考えられています。国内マーケットのビジネスチャンスは、『消費マーケット(※1)』から『課題マーケット(※2)』へ移行していくとのことでした。
 
皆様には、P.F.ドラッカーの経営者に対する「5つの質問」(※3)について考えて頂きました。自社の使命・顧客・価値などを考えて頂くことで自社に対する顧客ニーズやポジショニングを的確に捉え、顧客の課題を解決していく取組みを行っていくことが重要とのことでした。
 
※1 消費マーケット:人口の増減や高齢化などの消費量による市場
※2 課題マーケット:今までにない課題(問題)を解決するための市場
※3 5つの質問:①われわれのミッション(使命)は何か? 
                      ②われわれの顧客は誰か?
                      ③顧客にとって価値は何か?
                      ④われわれにとっての成果は何か?
                      ⑤われわれの計画は何か?
 
 
DSCN0819
 
後半では、三井住友信託銀行の浅川 正仁氏に登壇していただき、贈与税の非課税枠を利用した信託サービスを紹介していただきました。
教育資金や結婚・子育て資金など、お子様やお孫様への贈与について活用できるサービスの概要をお話して頂きました。
 
【三井住友信託銀行の信託サービス】
①暦年贈与サポート信託
②家族族おもいやり信託
③教育資金贈与信託
④結婚・子育て支援信託
 
今回は、当事務所過去最大の41名の方にご参加いただきました。皆様のおかげをもちまして大盛況のうちに終わることができました。
 
また、セミナー後の懇親会においても、多くの方にご参加いただき、懇親会を盛り上げて頂きました。誠にありがとうございました。
 
これからも皆様のお役に立てますよう、社員一同精進してまいりますので、今後ともよろしくお願い致します。

『成長エンジン加速化戦略と未来会計』

経営者セミナー

< 経 営 者 セ ミ ナ ー 開 催 報 告 >

平成26年11月27日(木)、アバローム紀の国にて「経営者セミナー」を開催致しました!
 
今回のセミナーは『事業計画で成長エンジンを加速化させる~激しく成長しないと、激しく落ち込む時代~』をテーマに、2部構成により開催させていただきました。

 

第1部の『成長エンジンの加速化』では、当事務所所長の大西省悟より、お話をさせていただきました。

 

CIMG4630

 

日本経済の現状と今後の動向について、コストや人材の問題、競争の激化などの“経営課題”は多くあるものの“成長するチャンス”も拡大していると考えられています。この経営課題に対していち早く取り組みを行えるかどうかで、“成長格差”が生まれ、“激しく成長する”か“激しく落ち込む”かが決まると言います。

 

“激しく成長する”ための基本戦略の一つとして『成長エンジン加速化戦略』があります。『成長エンジン』とは、企業の業績をあげる事業やビジネスモデルで、会社固有技術(強み)を成長のある事業領域に活かしていくことです。『成長エンジン』を加速化させるには、6つの加速化用件を満たすことが重要であるとのことでした。

 

『成長エンジン加速化戦略 6つの加速化要件』

    ①強みを活かす領域を明確にする

    ②新たなビジネス展開モデルを作る

    ③投資回収速度を速める

    ④意思を固める中期計画を作る

    ⑤役職にこだわらない戦略リーダーを作る

    ⑥人材を戦略的に採用し、育成する

 
 

第2部では、経営コンサルタントとして全国的にご活躍されている田内 孝司 氏( ㈱MBS 代表取締役 )をお招きして、『過去会計から未来会計への取組み』をテーマに、所長の大西とディスカッションをしていただきました。

 

CIMG4638

 

田内氏の豊富な経験から”成長する会社”と”落ち込む会社”では、”経営課題”への取り組み順序の違があるそうです。

  ①売上 → ②資金 → ③人材 → ④経営 の順番で取組を行う企業より、

  ①経営 → ②資金 → ③人材 → ④売上 の順で取組を行う企業の方が成長傾向にあるそうです。

また、参加された皆様との質疑応答では、”経営課題”をどのように感じているかなど、貴重な現場の意見も伺う事が出来ました。

 

今回のセミナーも、皆様のおかげをもちまして大盛況のうちに終わることができました。

また、セミナー後の懇親会においても、多くの方にご参加いただき懇親会を盛り上げていただきました。

誠にありがとうございました。

 

大西会計グループでは、年に3回のセミナーを開催しております。

経営のパートナーとして、皆様のお役に立てるよう、所員一同精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

次回のセミナーも是非ご期待ください!!

 

『2014年に向けて持つべき思考のヒント!!』

経営者セミナー

< 経 営 者 セ ミ ナ ー 開 催 報 告  >

平成25年11月21日(木)アバローム紀の国にて、『経営者セミナー』が開催されました。
 
今回は『2014年に向けて持つべき思考のヒント!!~イッポ先を行くには~』と題し、お話しさせて頂きました。
また、来年4月からの消費増税に備え、消費税転嫁対策のポイントをご紹介させて頂きました。
 

DSCF1451

 
第1部では、所長の大西より、『環境変化に伴う「ステージアップ」』をテーマに、世界経済や日本経済の変化に適応しながら中小企業が生存していくための術として、今見受けられる課題やその課題に向けたヒントについてお話させて頂きました。
 
「環境に適応する企業として生き残る」とは?
    ずばり、下記の条件をいずれも満たす企業のことです。
      自社の成長【売上高増加】
      付加価値の確保【粗利の確保】

 

もし、満たしていないのがあれば、課題は大きく3つあります。
  ①既存事業の強化
  ②新事業の開発
  ③グローバル戦略の展開

 

既存事業強化に向けた『3つの問いかけ』をしてみることが大切です。
  ①本当の顧客はだれか?
  ②新たな提供価値は何か?
  ③他と違う価値の提供の仕方はないのか?
 
さらに、“人の成長無くして会社の成長無し!”と題し、経営のPDCAサイクルの中心に位置する「合意形成型会議」の紹介をさせて頂きました。
合意形成型会議は「決める」のでは無く「納得する」ことが目的です。
 
 

DSCF1461

 
第2部では、『消費税転嫁対策のポイント』として、職員の水口からお話させて頂きました。
 
具体的には…
 
特定共有企業者(売り手)に対する減額、買いたたき、報復行為等が禁止されます。
    (悪質な場合社名の公表など厳しい措置も。)
 
消費税を値引する等の宣伝や広告は禁止
    × 「安売りセールするから消費税分は払えない。」
    × 「消費税分値上げするならうちの○○買ってよ。」

 

公正取引委員会、中小企業庁、主務大臣による検査や指導等が行われます。
    × 「消費税はおまけします。」
    ○ 「8%還元セール」(たまたま消費税率と一致するだけ。)
 

総額表示義務の特例
    ○ 税抜価格と税込価格の併記
    ○ 税抜価格や旧税率に基づく価格表示であることを明示
 
など、様々なポイントを取り上げました。
 
 

当日は、40名近くの方々に参加いただきました。ご多忙な中、当セミナーに期待され来訪いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

大西会計事務所では、今後も旬な情報を積極的に提供してまいります。
ぜひ、ご期待ください!!

『“成果”を生むための会議と戦略参謀』

経営者セミナー

< 事 業 経 営 セ ミ ナ ー 開 催 報 告 >

平成24年11月21日(水)、アバローム紀の国にて「事業経営セミナー」を開催しました!!
 

DSCF1049

 

今回のテーマは、どんなにすばらしい経営戦略も、具体的な行動に移さなければ『成果』を生まない」です。

 

以下の第1部【成果を生むための会議(合意形成型会議)とは?】では、成果を生むための『理想の会議』とはどういうものか、『理想の会議』を行うにはどうすればよいのか、所長の大西よりお話しさせて頂きました。

 

DSCF1068

 

会議で起こりがちな、「会して議せず、議して決せず、決して行わず、行わずして責を取らず」を防ぐには、どうすればよいのか。

 

「個人で考える→全体で考える」という今までの会議の流れから、「個人で考える→グループで考える→全体に発表する→全体で考える」と変えることで、『合意形成サイクル』が生まれ、『合意形成型会議』が実現するという事でした。

その他にも、会議の進め方や、アイテムの活用術などをお話しさせて頂きました。

 
 

第2部【会議支援ソフト『戦略参謀』の紹介】では、『合意形成型会議』をサポートする為のソフト『戦略参謀』(提供:㈱若山経営)を紹介させて頂きました。

 

今回は、当事務所過去最大の39名の方にご参加いただきました。

皆様のおかげをもちまして大盛況のうちに終わることができました。

 

また、セミナー後の懇親会においても、多くの方にご参加いただき、懇親会を盛り上げて頂きました。ありがとうございました。

 
 
大西会計事務所は、今年で20周年を迎えることができました。
これも偏に皆様方のご支援によるものと心より御礼申し上げます。
 
これからも皆様のお役に立てますよう、社員一同精進してまいりますので、
今後ともよろしくお願いします。

『中小企業が取り組むべき課題とデキる社長の共通点』

経営者セミナー

< 事 業 経 営 セ ミ ナ ー 開 催 報 告>

平成23年11月22日(火)、アバローム紀の国にて「事業経営セミナー」を開催しました!!

 

DSCF0773

 

今回は、第1部「いま、中小企業が生き抜くために取り組むべき課題は!!」
            第2部「利益を上げる社長が必ずやっていること」
の二部構成で、所長の大西よりお話をさせて頂きました。
 
DSCF0783
 
第1部「いま、中小企業が生き抜くために取り組むべき課題は!!」では、現代社会が直面している経済状況・問題点などを観点に、社会保障費(年金と医療費)の対策、労働生産性向上の重要性などを中心にお話しさせて頂きました。
 
DSCF0784
 
 
第2部「利益を上げる社長が必ずやっていること」では、
  ①儲かるマーケティング 

  ②新しい売り方 

  ③儲かる体質作り 

についてお話しさせて頂きました。
新市場創造のための「ブルーオーシャン戦略」や、あらゆる視点から現状を把握するための三つの目、「虫の目」、「鳥の目」、「魚の目」などについてお話させて頂きました。

 

今回のセミナーも、定員を上回る33名の方にご参加いただきました。皆様のおかげをもちまして大盛況のうちに終わることができました。

 

また、セミナー後の懇親会では、シンガーソングライターの 藪下 将人 さんにお越しいただき、ミニコンサート&サイン会を行って頂きました。
 
これからもセミナーを企画いたしますので、ご出席をお待ちしております!!

『脱現状と成果をあげる手法』

経営者セミナー

<事 業 経 営 セ ミ ナ ー 開 催 報 告>

平成22年10月15日(金)、アバローム紀の国に於いて「事業経営セミナー」を開催しました。

 

s_DSCF0564

 

第一部では、「脱現状とイノベーション(革新)に学ぶ」ということで、当事務所のお得意先である経営者の方々に話して頂きました。
 

s_DSCF0563

 
最初に、㈱ハイブリッヂコーポレーションの代表取締役である高橋様は、大企業からの脱下請けを掲げて独自性の追求をヒントに特許を取得されたことについて話されました。

 

s_DSCF0563150912_104405

 

続いて、㈱ぼん家具の専務取締役である樋尻様は、売上を上げる方法としてネットショッピングによる市場の開拓、そして商品の見せ方を工夫し顧客に買ってもらえるような展開の方法を語って頂きました。

 
 

第二部では、当事務所の所長である大西から「成果をあげる自社の業績管理の手法とは?」をテーマに、過去にとらわれない経営をするために、予算実績の管理が必要であることの話をさせて頂きました。

 

s_DSCF0565

 

「業績管理」とは、会社が作成した経営計画の目標と行動した結果である実績との差額を課題と捉え、その課題を解決していくための仕組作りのことをいいます。
 
そのため
  ①経営計画の作成
  ②毎月の達成管理
を実践するための経営サイクル(計画→実践→検討→改善)を確立する‘MAS監査’の実施をお薦めしました。
 
今回のセミナーも皆様のお陰をもちまして大盛況で終わることができました。
またセミナー後の懇親会にも多数ご出席頂きましてありがとうございました。
 
これからもセミナーを企画いたしますのでぜひご出席をお待ちしています。

『黒字経営と資金管理表』

経営者セミナー

< 事 業 経 営 セ ミ ナ ー 開 催 報 告 >

平成21年10月16日(金)に『事業経営セミナー』を開催いたしました。
 
第1部 ~黒字経営を実現~をテーマに、経営計画を作ることの重要性をお話しました。

 

025
 
経営計画の作成の意義を、以下のように考えています。
  ①幹部や社員に会社の方針や目標を知らせて、行動をおこさせる。
  ②「目標と実績の差」に、会社に利益をもたらす要因がある。
  ③「会議」は結果発表の消極的な場ではなく、意見を述べてもらう積極的な場と
     考える。
  ④教えたことを誠実にこなす人も大事だが、教えたことを考える人を育てよう。
 
従って、経営計画とは、会社の経営理念や社長の経営方針を中心に、会社の数値目標を掲げ、何を何時までに、どうするかといった具体的な行動計画を立てることをいいます。

 

経営計画の種類・内容
  ①短期経営計画(1年)
  ②中期経営計画(3年~5年)
  ③長期経営計画(10年)

 
 
第2部 ~「資金管理表」を利用して効率的な資金運用~をテーマに資金管理のやり方についてお話しました。
 
045

 

大西会計事務所では、独自の『資金管理表』を考案し、今回のセミナーで発表しました。
1枚で損益と資金の確認、資金の流れが分かるシートです。
詳しくは、大西会計事務所までお問い合わせ下さい。
 
大西会計事務所では、このようなセミナーを定期的に開催しております。
ぜひご参加ください!